独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 研究室の紹介

寒地河川チームの紹介

業務内容

洪水災害、土砂災害、海岸浸食といった自然災害から生命と財産を守り、 水を中心とした豊かな生活を創造するため、 河川に関係する自然現象の解明と、防災技術を高めるための調査・研究が寒地河川チームの使命です。


寒地水圏研究グループ

グループリーダー
許士 裕恭(KYOSHI Hiroyasu)
  • 水辺緩衝空間を活用した防災と環境保全
  • 河畔林の再生と管理、流木化の問題
  • 火山地域における土砂災害と防災
  • 防災教育と環境教育

寒地水圏研究グループ 寒地河川チーム

上席研究員
平井 康幸 (Yasuyuki HIRAI)
  • 研究の総括
  • 小中規模河床波に関する研究
  • 河道形成機構と災害軽減技術に関する研究
  • 治水事業と社会経済評価に関する研究
  • 上記研究に関する国際技術協力に関わる事項
総括主任研究員
高橋 一浩 (Kazuhiro TAKAHASHI)
  • 河道形状の形成機構に関する研究
  • 河道内植生と流木の挙動に関する研究
  • 総合的な氾濫原マネジメントに関する研究
主任研究員
村上 泰啓 (Yasuhiro MURAKAMI)
  • 防災教育と環境教育
  • 河道内植生と流木の挙動に関する研究
  • 地域景観ユニット兼務
主任研究員
谷瀬 敦 (Atsushi TANISE)
  • 河川防災施設の河道への影響および
    その低減技術
研究員
唐沢 圭 (Kei KARASAWA)
  • 河道形状の形成機構に関する研究
  • 河道内植生と流木の挙動に関する研究
研究員
永多 朋紀 (Tomonori NAGATA)
  • 河道形状の形成機構に関する研究、
    河川の蛇行復元における水理学的課題
研究員
島田 友典 (Tomonori SHIMADA)
  • 河川堤防の越水破堤機構に関する研究
    (3次元越水破堤のメカニズム解明)
    (十勝川千代田実験水路を用いた実スケール3次元越水破堤実験)
研究員
吉川 泰弘 (Yasuhiro YOSHIKAWA)
  • 結氷河川における塩水遡上と結氷・融解過程
  • 河川の形成と流下機構に関する研究
  • 津波の水理学特性の解明
  • 結氷河川における流量観測手法の開発
事務担当
name.png
  • 研究チームに関連する事務処理全般