独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所

ホーム  » 災害調査速報  » 台風10号による沙流川流域の被害調査概要報告(速報)

台風10号による沙流川流域の被害調査概要報告(速報)

最終更新 : 2003年8月12日

沙流川流域,2003年8月

台風10号による沙流川流域の被害調査概要報告(速報)

北海道開発土木研究所環境水工部河川研究室・環境研究室

1.調査概要

調査日時;
8月12日

調査員;
渡邊 康玄 河川研究室長,小川 長宏 研究員,安田 浩保 研究員
中津川 誠環境研究室長,村上 泰啓 主任研究員

現地調査箇所;

  • 二風谷ダム; ダム堤体,貯砂ダム
  • 沙流川; 池売橋(振内町),幌毛志観測所上流右岸
  • 額平川; 貫気別橋,芽生地区農家,アブシ橋


2.調査結果概要

2.1.二風谷ダム

ダムサイト上流の貯水池は,おびただしい量の流木で埋め尽くされている.(平成15年8月12日)
また,水の色はダムサイト上流部・下流部ともに褐色である.特にダムサイトから下流部を臨むと貯水池水位が高いにもかかわらず砂州の生成が認められる.このことから膨大な土砂流出が発生したことが推測できる.

nibutani01.jpg

貯水池の湖面はおびただしい量の流木で埋め尽くされている(クリックで写真を拡大)


nibutani02.jpg

ダムサイトから沙流川河口方向を臨む.右岸側に砂州が形成されていることを認めることができる(平成15年8月12日)(画面の上方向が下流.クリックで写真を拡大)

2.2.河道の状況

  • 低水路内の河畔林については、倒伏はしていても、流出しているようにはみえない。河岸沿いの河畔林はそれほどダメージを受けていないようにみえる。
  • 流木は砂州上に存置されていたり、河畔林に引っかかったりしている様子が目立つ。流木は枝や樹皮が削れていた。
  • 二風谷ダム上流の沙流川本川では額平川に比べ、橋脚に引っかかっている流木が少ないように思える(池売橋)。現に橋梁でダメージを受けている個所が前者ではほとんどない。
  • 額平川・貫気別橋では上流の人道橋が下流側に傾斜していた。流木が橋脚に引っかかって水圧が増し、被害を受けたものと推察される。
  • 額平川・アブシ橋では、右岸橋台と橋脚の間の橋桁が流出していた。残存している橋桁には厚さ数cmでシルトが堆積し、橋脚には多くの流木が引っかかっていた。堤防に残っていた痕跡から水流は橋をオーバーフローしたと推察でき、このこともその一因として考えられる。
(a)沙流川 池売橋
ikeuri01.jpg

ikeuri02.jpg


多数の流木が橋脚上流側に絡み付いているが,この橋梁では特に被害は受けていないようである(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)
橋梁から下流方向を臨む.河道内の樹木は樹皮が剥けており,大量の土砂混じりの洪水流の流勢がすさまじかったことをうかがい知ることができる。しかし,これらは倒伏しているものの,流出には至っておらず,そのダメージはそれほど大きくないようである(平成15年8月12日)(画面向かって左上方向が下流.クリックで写真を拡大)

(b)沙流川 幌毛志橋上流右岸
horokeshi01.jpg 流失した水田(画面右手は被害を免れた水田)と高水敷に残された流木(平成15年8月12日)(画面向かって右上方向が下流.クリックで写真を拡大)

horokeshi02.jpg
高水敷に残された流木.かなりの大木も多数含まれている.いずれの流木も枝葉はほとんどもぎ取られ,樹皮は完全に剥けきっている.(平成15年8月12日)(クリックで写真を拡大)

(c)額平川 貫気別橋(額平川と貫気別川の合流点付近)
nukibetsu02.jpg ヘリからの空中写真.(平成15年8月13日)この橋では,人道橋と車道橋が独立構造で平行して架けられている.人道橋は大量の流木のために大きく傾斜したが,人道橋が存在したために車道橋は表面上大きな被害を受けることがなかったように窺えた(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

nukibetsu01.jpg
傾斜した人道橋と橋脚に絡み付いた流木群(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

(d)額平川 アブシ橋
abushi00.jpg ヘリからの空中写真.(平成15年8月13日)この橋では,澪筋部に架けられた部分が流失した(画面向かって左下方向が下流.クリックで写真を拡大)

abushi01.jpg
流出を免れた床板端部から対岸を臨む(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

abushi04.jpg
橋脚周辺の流木群(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

abushi05.jpg
床板と欄干の上に堆積した土砂.洪水時は水位が床板や欄干程度まで至っていたと考えられる(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

abushi03.jpg
倒伏した河道内の植生と橋脚周辺の流木群.樹木はいずれも樹皮が剥がれている(平成15年8月12日)(画面向かって左方向が下流.クリックで写真を拡大)

(e)額平川左岸 芽生地区
memu01.jpg 空中写真(平成15年8月10日).小渓流から土砂が流出している(画面向かって下方向が額平川.クリックで写真を拡大)

memu02.jpg
ヘリからの空中写真(平成15年8月13日).小渓流から土砂が流出している(画面向かって左上方向が額平川.クリックで写真を拡大)

memu03.jpg
ヘリからの空中写真から土砂が流出した一帯は耕作地であったものと推測されるが,洪水後は土砂に覆われている.(平成15年8月12日)(画面向かって下方向が額平川.クリックで写真を拡大)

memu04.jpg
流出した土砂に埋まった自家用車.流出した土砂の堆積厚は数10cmから1m程度に及んでいるものと推測される(平成15年8月12日)(クリックで写真を拡大)